ヴォルレポ

徳島ヴォルティスを分析するブログ

2018明治安田生命J2リーグ第30節 大分トリニータvs徳島ヴォルティス ~見えない敵との戦い~

f:id:awaraccoondog:20180923145432j:plain

大分サブ・GKムン、DF岡野、星、MF國分、馬場、FW後藤、藤本

徳島サブ・GK吉丸、DFキム、MF杉本竜、杉本太、内田裕、前川、FW佐藤

 

 大分トリニータは、徳島との前回対戦のあと5試合勝ち無しと苦しんだ時期もあったが、直近4試合は3勝1分と好調。今季のJ2において、最も安定して勝点を伸ばしているチームの1つだ。前節・東京V戦(A)から馬場→三平とスタメン変更は一名のみ。徳島とは古巣対戦となる那須川が、今節でJ2通算150試合出場を達成した。

 

 徳島ヴォルティスは、台風接近の影響で順延となっていた岡山戦(A)で痛恨の敗北。中二日でのアウェイ連戦。大分へ長時間移動した後に戦うこの試合では、コンディションを優先したのかスタメンを五名変更。DFラインを支えてきた石井に替わって、内田航が移籍後初スタメン。育成型期限付き移籍で湘南から加入した表原も、徳島でのデビュー戦で早速のスタメン起用。ウタカ・バラルの2トップでスタートするのもこれが初めてとなる。

 

続きを読む

2018明治安田生命J2リーグ第29節 徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形 ~選手は去っても魂は消えず~

f:id:awaraccoondog:20180911232317j:plain

徳島サブ・GK吉丸、DFキム、MF内田航、内田裕、杉本太、狩野、FWウタカ

山形サブ・GK児玉、DF山田、松本、田村、FW阪野、北川、ブルーノロペス

 

 徳島ヴォルティスは前節の山口戦後、夏の移籍マーケット期限ギリギリで、大本が長崎、島屋が鳥栖へ完全移籍という、まさかまさかの事態が発生。負ければ確実にチームの士気にも影響するであろう、重要な意味を持つ一戦だった。悪いことは重なるもので、そんな試合に岩尾が出場停止。現有戦力の厚みと、残された者たちの意地が試される戦だったと表現できるかもしれない。

 

 モンテディオ山形天皇杯で柏・FC東京とJ1勢を相次いで降す健闘を見せている一方、リーグ戦は直近五試合を2勝3敗と一進一退の様相。とりわけウノゼロでの敗戦が二つ、複数得点は前節の東京V戦のみと、得点力不足に悩まされているチーム状況が窺える。「木山チルドレン」の一人でもある内田、楠神など夏のマーケットで加入した選手もスタメンに名を連ねる。

 

続きを読む

2018明治安田生命J2リーグ第28節 レノファ山口FCvs徳島ヴォルティス ~やられたらやり返せ~

f:id:awaraccoondog:20180826164009j:plain

徳島サブ・GK吉丸、DF鈴木、MF狩野、大本、前川、藤原志、FW佐藤

山口サブ・GK藤嶋、DFワシントン、MF高柳、池上、大崎、FW大石、高木大

山口vs徳島の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2018年8月12日):Jリーグ.jp

 

 レノファ山口はリーグ戦7試合、期間にすると約二ヶ月間勝ち星なしと、厳しいチーム状況。ちなみに前回白星をあげたのは、徳島との一巡目の対戦時。当時の鮮烈な印象を思い返すと、にわかに信じがたい状況だ。この試合では、前節出場停止だった前がスタメンに復帰。さらに岸田もスタメンに名を連ねたことから「2トップなのでは?」との予想が、試合前からSNS上にも出回っていたが、蓋を開けてみると4-3-3だった。リカ将見てる?

  徳島ヴォルティスは、軽度のアクシデントがあったウタカがメンバー外となったが、バラルが加入後初スタメン。さらに大本→内田裕が左WBで先発というのは、今振り返ってみると、この時点で既に長崎への移籍が決まっていたのだろうか。なお山口・徳島共に未消化の試合が一つずつあり、リーグの日程では28節に相当するが、これが27試合目となる。

 

 対戦相手となるレノファ山口のゲームモデルに関しては、著名なレノサポでありますジェイさんによる素晴らしい記事がありますので、こちらも合わせてどうぞ。

 

続きを読む