ヴォルレポ

徳島ヴォルティスを分析するブログ

2019明治安田生命J2リーグ第22節 徳島ヴォルティスvs柏レイソル ~試合が動く要素~

f:id:awaraccoondog:20190714144954j:plain



徳島サブ・GK長谷川、DF秋山(87分 清武)、MF鈴木徳、表原、渡井(HT 田向)、FW河田、押谷(83分 佐藤)

柏サブ・GK桐畑、DF田上、宮本、MF大谷(75分 手塚)、田中、FW瀬川(HT 菊池)、ガブリエル

 

長丁場のJ2リーグも、この試合から後半戦へ突入。前節千葉と引き分け、連勝は4で止まったものの、リーグ戦6試合負けなしと好調を維持する徳島ヴォルティス。岸本が打撲のためベンチ外となった影響で杉本が右サイドへまわり、左サイドでは清武が6試合ぶりの先発。 

 

J2の中では圧倒的な戦力を擁しながらも、苦戦を強いられてきた柏レイソル。こちらもリーグ戦4試合負けなしの3連勝中。山形、甲府と上位争いのライバルを直接叩いて3位まで浮上してきた。出場停止のヒシャルジソンの代役は小林。全チームとの対戦が一巡したわけだが、柏レイソルに対する筆者の思いは「オルンガとクリスティアーノによる質の暴力は法律で取り締まるべき」しかない。

 

続きを読む

2019明治安田生命J2リーグ第20節 ヴァンフォーレ甲府vs徳島ヴォルティス ~小さな違いはやがて大きな差へ~

f:id:awaraccoondog:20190707110031j:plain

甲府サブ・GK岡西、DF小柳(→64分 松橋)、MF新井、後藤、荒木(→89分 森)、FW太田、宮崎(→81分 森)

徳島サブ・GK永井、DF秋山、MF清武、渡井、表原(→89分 野村)、鈴木徳(→81分 杉本)、FW押谷(→84分 河田)

 

ヴァンフォーレ甲府はここまで、リーグ戦4位と好調。とりわけ目をひくのは19試合で31得点という得点力。しかしこの試合では、既に負傷離脱しているドゥドゥに加えて、ウタカも体調不良でベンチ外。バホスや曽根田まで欠いてもまだ佐藤洸一がいます!という前線の層の厚さは、なかなかの畜生レベルである。

 

徳島ヴォルティスは、今年もまたスタートダッシュに失敗してしまったものの、ここにきて3連勝中。J1からの引き抜きや助っ人の退団で、昨年とは大きく主力が入れ替わったが、ようやくメンバーの固定や戦い方の浸透が進み、内容に結果が伴ってきた感がある。出遅れを取り戻すためには、PO圏内に位置する甲府は絶対に叩いておきたい相手。

 

続きを読む

2019明治安田生命J2リーグ第3節 徳島ヴォルティスvs大宮アルディージャ ~アジアの大砲はとっても緻密~

f:id:awaraccoondog:20190320121014j:plain

徳島サブ・GK永井、DF内田航、内田裕、MF狩野、杉本、表原、FW河田

大宮サブ・GK塩田、DF奥井、河本、MF小島、石川、FW大前、富山

徳島vs大宮の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2019年3月10日):Jリーグ.jp

 

 前節、清武の劇的なゴールで岐阜を降し、今シーズン初勝利をあげた徳島ヴォルティス。ホーム連戦となる今節は、バイスと大卒ルーキーの鈴木大でCBペアを組み4-2-3-1の並びでスタート。鈴木大は記念すべきプロデビュー戦。右SBには移籍後初スタメンとなる藤田が入る。

 2019シーズンから前・長崎の高木琢也監督を招聘した大宮アルディージャ琉球と乱打戦(3-4)の末に敗れた前節からは、スタメンを四人変更。昨年は水戸でバリバリの主力として活躍した小島や、大前元紀がサブに控える充実のスカッド。こちらは、長崎時代から高木監督の十八番といえる3-4-2-1のフォーメーション。

 

続きを読む