ヴォルレポ

徳島ヴォルティスの試合を戦術的に分析するブログ

J1参入プレーオフ決定戦 湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティス 【プレビュー】

f:id:awaraccoondog:20191213220522j:plain

 

置かれた立場の違い

 これまでプレーオフの2試合を「引き分けでも勝ち抜け」という有利な立場で戦ってきた徳島。湘南との試合は「J1昇格には勝利が必要」かつアウェイでの試合となる。とはいえ、岩尾が「湘南は殴り合いをして勝てる相手ではない」と発言していることからも、これまでの2試合と同じく「ボールを保持して主導権を握る時間」と「ブロック守備で我慢する時間」を使い分けることになるだろう。

 反対に湘南は「引き分けでもJ1残留」の立場である。前線からの高強度プレッシング、90分間持続する運動量が持ち味の「湘南スタイル」。彼らにとって、一見有利にも思える条件がどのように作用するのだろうか。曺貴裁・前監督が植えつけたスタイルの残像は感じ取れるものの、決して試合をコントロールすることが得意なチームには見えなかった。ひょっとすると徳島以上に「主導権」と「我慢」のバランスに苦心することになるかもしれない。

 いずれにしろ、この試合は先制点で結果がほぼ決すると表現しても過言ではないだろう。湘南が先制すれば徳島はゲームオーバー。逆に徳島に点が入れば、湘南は前がかりになる。徳島にとってはプレーオフ・2回戦の山形戦の再現も期待できる。

 

鍵を握るWBとシャドゥ

 攻守にわたって湘南の鍵となるのがシャドゥとWBの選手だ。湘南のサッカーは「WBが90分間上下動しながら、1on1で後手を踏まないこと」と「シャドゥの選手がDFラインのカバーまで戻ってくること」が極めて重要となる。3CBに大柄な選手がいない湘南は、CBをペナルティエリア幅から移動させることが殆ど無く、大外のレーンはWBが一人で対応するケースが多い。

f:id:awaraccoondog:20191213232642j:plain

ペナ幅で数的優位を維持しながら守るCBと孤立気味になるWB

 徳島のWBが1on1で負けないことも当然だが、必ず用意しておきたいのが湘南のWB-CB間をアタックする選手だ。3CBに加えて、齊藤・金子も中央から動かしたくない湘南は、このスペースのカバーに両シャドゥが戻ってくることが多い。松田・山田とも走力のある選手であるが、守備が本職の選手ではない。またこの2人を押し込むことで、湘南のカウンターアタックの威力を半減させることにも繋がる。「山形戦以上に渡井を使えるかどうかが鍵を握る」とTwitterで記したのもこのためで、徳島はこのスペースを縦に深く使いたい。渡井の起用が難しいのであれば、時間帯や得点経過に応じて杉本のWB・島屋のシャドゥというオプションも面白いかもしれない。

f:id:awaraccoondog:20191213233629j:plain

WB-CB間を抉ってマイナスへの折り返しやファーサイドへのクロスも面白い

 

アイツの好きなようにはさせない

 「湘南のキーマンを3人挙げる」ならば、「坂・齊藤・山﨑」となる。徳島のように「ボールを保持しながらポジションを入れ替えつつ攻撃する」シーンは少ない。湘南はボール保持の局面でも、攻→守への切り替えに備えながら、オリジナルポジションからは大きく逸脱しない立ち位置をとる。その中でも重責を担うのが古巣対戦となる山﨑。ロングボールのターゲット、サイドへ流れての裏抜けと陣地回復において多大な貢献をしている。

f:id:awaraccoondog:20191213234809j:plain

困ったらシンプルに山﨑へのロングボール

 山﨑へのシンプルなロングボール。このとき湘南は2シャドゥ・2ボランチが距離を縮めて、セカンドボール回収から二次攻撃へ繋げる。徳島はバイス・岩尾で挟み込むように対応するシーンが増えるだろう。山﨑はフリック気味に後方のシャドゥを使うプレーを得意としており、徳島は石井・内田裕はもちろん、両WBもボールウォッチャーにならずに絞ったポジショニングで数的優位を維持しつつ守りたい。またフリックをゴールに近い位置へ落とされないためにも、DFラインを下げすぎずに対応する必要もある。

 

 シンプルな攻撃の目立つ湘南において、少し異質なキックを蹴るのが坂だ。片サイドに人数をかけて攻撃。手詰まりになったら坂まで戻して、低くて速いキックでサイドを変えるのがお決まり。左サイド→坂→右サイドへの展開は岡本のオーバーラップも加わるので厄介である。ここは湘南のシャドゥに根負けせず、徳島のシャドゥにも運動量と献身性が求められるポイントとなるだろう。

f:id:awaraccoondog:20191213235950j:plain

坂まで戻して大きく展開

 

プレッシングの網を掻い潜れるか

 そして、湘南スタイルといえば忘れてはならないのがプレッシング。岩尾・バイスあたりには、とりわけ激しくぶつかってくるものと思われる。バイス・内田裕という徳島のストロングである左サイドに、齊藤未月が相対する形になるのも面白い。これまでの試合を見ていても、齊藤がスイッチを入れる形で小西や岩尾を監視しつつバイス(内田裕)のところまで出てくることになるだろう。それぐらい、運動量とアグレッシブさを兼備した選手だ。

f:id:awaraccoondog:20191214001035j:plain

徳島の左からのビルドアップとスイッチ役となる齊藤

 

 この網を掻い潜ることができれば、徳島にとってはビッグチャンスとなる。齊藤が出てくれば小西が空く。小西がダメなら野村が空く。あるいは好調の河田をシンプルに裏へ走らせてもいい。時と場合によってはセーフティにサイドを使いWBの1on1に託すのもありだろう。いずれにしろこれまでと同様に「ボールを持った時こそリアクション」。相手の出方を見て誰が空くかを判断する。これまでと異なるのは湘南のプレス強度によって、判断がより短時間で正確に求められることだろう。

f:id:awaraccoondog:20191214001739j:plain

湘南のプレッシングを見ながら、空く選手を判断する


最後に

 おそらくセットプレーで大きな差はつかないだろう。山﨑・バイスというターゲットを擁する一方で、他は小柄な選手が多いのも共通点。高さ不足を補うためサインプレーを駆使する点も似ている。ただし湘南の坂は滞空時間の長いヘディングをするので要注意。また控えにも小柄な選手が並ぶ徳島とは対照的に、湘南は指宿・野田といった選手がサブに入るだろう。徳島が先制すれば、早い時間からパワープレーに出てくることも予想される。

 「引き分けでもOK」という特殊な立場の湘南が、どう出てくるのかは読みづらい。徳島の試合を分析して「プレッシングを掻い潜られるのが最もマズイ」というのは認識済みのはず。それでもスタイルを貫いて前からくるのか、あるいはあえて持たせてカウンターからトドメの一撃を狙うのか。徳島は45試合目にして最も高難度のミッションに挑む。だが「相手の出方を見て柔軟に判断を変える」というのは、このチームが積み重ねてきた根幹の部分でもある。自信をもってボールを繋ごう。冷静に相手の嫌がるポジションをとり続けよう。今日こそ「徳島のサッカー」を結実させる時だ。

2019明治安田生命J2リーグ第42節 徳島ヴォルティスvsレノファ山口FC ~その扉を開くとき~

f:id:awaraccoondog:20191125191819j:plain

徳島サブ・GK長谷川、DF内田航、MF狩野、清武、藤田、島屋、FW押谷

山口サブ・GK山田、DF楠本、川井、MF佐藤、佐々木、吉濱、FW高井

 

 とうとうここまできた。前節、鬼門・味スタで東京Vを降した徳島は、5位でリーグ最終戦に臨む。4位山形とは同勝点。このため徳島が勝点を上積みできれば、山形の結果次第でJ1参入プレーオフ初戦がホーム開催となる。万が一徳島が敗れれば、勝点は70のまま。甲府と京都が3を上積みすれば、それぞれ71となり、まさかまさかの結末となる可能性もはらむ。二年前に味わった最終節の悲劇を乗り越えられるか。真価と進化が問われる一戦だ。

 

 山口は前節からスタメンを4名変更。年代別代表から高宇洋が戦列復帰。一方で、左WBの清永は今シーズン初出場がいきなりのスタメン起用。また現役引退を表明している坪井、戦力外が濃厚と思われるドストンが3CBに入る。既に昇格の可能性とも降格の危険とも無縁な状況であり、まさに「シーズン最終戦」という事実を感じさせるメンバーだった。

 

続きを読む

2019明治安田生命J2リーグ第36節 徳島ヴォルティスvsファジアーノ岡山 ~風だけではない勝因~

f:id:awaraccoondog:20191104182334j:plain

徳島サブ・GK永井、DF内田航、MF狩野、清武、表原、FW岸本、押谷

岡山サブ・GK金山、DFチェ、椋原、MF三村、武田、FW赤嶺、福元

 

 前節、栃木を相手に苦戦を強いられたものの、岩尾のゴールで何とかドローに持ち込んだ徳島。下位チーム相手に痛い取りこぼしだったものの、連続無敗試合は8に伸びた。この試合では小西と野村が出場停止から復帰し、サブも含めて現時点でのベストメンバーで、目の上のたんこぶ・岡山戦に臨む。

  対戦相手の岡山も6試合連続無敗中と好調。覚醒した!と噂の仲間・イヨンジェといった既存戦力に、シーズン開幕後に獲得した中野、増谷も加え、戦力の充実を感じさせるスカッド。「PRIDE OF 中四国」ということもあり、アウェイにも多くのサポーターが駆けつけた。

 

続きを読む